2歳の子どもがパンしか食べない!パンばかり食べる息子に実際に試したこと!

ママ①

2歳の子どもがパンばかり食べて、他は全然食べてくれない…

ママ③

炭水化物しか摂れてない!!たんぱく質やミネラルも摂らせたいよー

主食のパンを食べてくれるのは嬉しいけれど、パンしか食べてくれないと栄養面が心配ですよね…
息子もパンがだーーいすきなので、パンばかりを食べていた時期もありました。

あんず

ご飯を出しても、イヤイヤ!パンがいい!!言われ大泣き…。

そこで、2歳の子どもがパンばっかりで他の食べ物を全然食べてくれない!という悩んでいるママに、実際にパンばかり食べていた息子に試していたことを紹介します!

目次

2歳の子どもがパンしか食べない!

2歳頃の子どもってイヤイヤ期もあって好き嫌いが激しいですよね。

パンばかり食べて、肉や魚などのおかずを食べてくれないと本当に心配になると思います。
子どもに大切な栄養素のたんぱく質や野菜のミネラルなどの栄養はパンだけだとなかなか摂りにくいですしね。

ですが、私の考えとしては子どもがパンしか食べなくても全然OKだと思います!
むしろパンは主食なので食べてくれるんだったら積極的に食べさせていいんじゃないかなと私は思います。

あんず

ただ、塩分のとりすぎには注意です

息子もパンが本当に大好きで、他の食べ物を全然食べてくれなかったことがあります。
そのためいっそのこと、パンを一切あげないでみたらどうかな?と思ったこともありました。


が、結局上手くいかず断念…

私がパンしか食べない息子にあれこれ試して思ったのは結局、パンは主食なので食べてくれるんだったらそのまま飽きるまで食べ続けてもらった方が良いんじゃないかということです。

今までパンを食べさせるのをやめて、他の食べ物を食べさせようとしていました。
だけど息子も嫌がるし主食になるパンをやめさせるのはどうかと思ったんです。

それだったら大好きなパンを食べ続けてもらって、プラスアルファで栄養を摂ってもらう方がお互いに良いなと気づきました。

それからは、パンばかり食べる子でもしっかりと栄養が摂れる方法を模索したので、全部紹介しますね!

あんず

できることから試してみてくださいね♪

パン自体に栄養をプラスする方法

ママ②

何をやってもパンしか食べない…

あれこれ試してもダメだった場合は、パンを飽きるまで食べ続けてもらいましょう!!
でもパンだけだと栄養が心もとないので、パンに栄養をプラスして食べてもらえばママも子どももハッピーですよね♪

あんず

息子にあれこれ試してよかった「パンに栄養をプラスする方法」を紹介します!

野菜ジャムと一緒にあげる

食パン大好きな子におすすめなのが野菜ジャムをつけてパンを食べてもらうことです!

野菜嫌いな子どもでも食べやすいのがこの『富良野ジャムシリーズ』。無添加で野菜のほのかな甘みがパンによく合います!特におすすめなのが『かぼちゃジャム』と『にんじんジャム』です♪

あんず

どちらも野菜で出来ているのに、なめらかで止まらない美味しさなんです!

このシリーズのジャムは砂糖を極力控え、防腐剤・合成香料・着色料なども一切使われていないので子どもにも安心してあげられるのも嬉しいポイントです。

食パンをよく食べる子にはぜひ『野菜ジャム』を塗って食べさせてあげると野菜の栄養がプラスされるのでおすすめですよ。

手作りパンに野菜などを練り込む

自分でパンを作るのが苦ではないママには自家製ならではの『オリジナル栄養抜群パン』を作るのがおすすめです!
具として入れるとほじくられてポイされる可能性があるので生地に練り込みましょう!!!

生の野菜をカットして茹でて混ぜこんで〜だと大変なのでおすすめなのが『野菜フレーク』です。

私はホームベーカリーで息子のおやつパンをよく作るのですが、生地に野菜フレークを入れて野菜パンを作っています。
野菜フレークを入れるだけなので超簡単です♪

あんず

そしてもう1つおすすめなのが『青汁のパウダー』を練りこむことです!

青汁の粉ならたくさんの野菜の栄養がギュギュギュッとつまっているので効率的に栄養を摂ることができます!

しかも青汁といっても『子ども専用の青汁』なので苦くないんです。だから美味しい野菜入りパンが混ぜるだけで手軽に作れますよ♪

野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】

栄養食のパンを食べさせる

最近、完全栄養食が流行っていますよね。

ラーメンやインスタント食品とかいろいろありますが

実はパンに栄養ばっちり摂れるものがあるんです♪

あんず

それは『BASE FOOD』というパンです。

この『BASE FOOD』をいつものパンの代わりに食べさせれば、「大好きなパン」を食べているのに栄養がバッチリ摂れるので栄養不足の心配がなくなるんです!

しかも普通においしいので、ママの手抜きごはんにもなるのが嬉しいですよね〜

BASE FOODは忙しい大人のために開発された完全栄養食で1食2袋食べると1食に必要な栄養が全て摂れるそうです。

もちろん幼児が食べてもOKです!(メーカーに問い合わせ済み)
ただ、1食1袋にするなど大人よりも少なめに食べさせてくださいね♪

完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセット

子どもが決まったパンしか食べない場合の対処法!

ママ①

いろいろなパンを試したけど、結局決まったパンしか食べてくれない…

決まったパンしか食べてくれない子だと、上のような方法を試しても食べてくれないと思います。
それだと結局、パンの栄養しか摂れないから困っちゃいますよね…

あんず

そういう場合は、飲み物で栄養を摂らせちゃいましょう!!

子ども青汁を飲ませる

決まったパンしか食べてくれない子どもにおすすめなのは子ども青汁です!
青汁は野菜の栄養がぎゅぎゅぎゅっと凝縮されているので野菜の栄養がたっぷり摂れます。

子ども青汁の中でも1番おすすめなのが、【こどもバナナ青汁】です。
こどもバナナ青汁は、1日たったの100mlで野菜の栄養と乳酸菌が140億個も摂れるスペシャルドリンクなんです!

しかも青汁といっても黒糖とバナナの甘みで飲みやすくなっているので、野菜嫌いの子でも飲めちゃいます♪

野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】

栄養が少しでも摂れるジュースを飲ませる

子どもってジュースばかり欲しがりますよね…
少しでも栄養が摂れるならと思って、野菜ジュースをあげているママも多いと思います。

あんず

ただ、ジュースの選び方に注意です!

選ぶジュースを間違えると、ほとんど栄養がない砂糖水を飲ませていることと一緒ということも…

こちらの記事を参考にジュースを選んでくださいね。

あわせて読みたい
野菜を食べない2歳の子に野菜ジュースはOK?野菜のかわりになる? 2歳の子どもが野菜嫌いだけど野菜ジュースは飲む!栄養的にこれっていいの? 2歳の子どもってイヤイヤ期もあって全然野菜を食べてくれないですよね…しかも、ジュースと...

麹甘酒を飲ませる

最近また注目されているのが『麹甘酒』です。
『麹甘酒』は、別名『飲む点滴』と言われるほど栄養がたっぷりすぎるスペシャルドリンクなんです!

しかも麹甘酒は、初詣などで振る舞われる『酒粕甘酒』と違って砂糖やアルコールが入っていないので子どもでももちろん飲めます。

あんず

私も自身の栄養補給に麹甘酒をよく飲んでいます

そんな私が1番おすすめする麹甘酒はこれです!

『麹の甘酒(はなのあまざけ)』です!
とてもナチュラルな美味しさで、麹のつぶつぶ感もほど良くて美味しいんです。

しかも値段も麹甘酒の中では良心的なので子どもに日常的に飲ませやすいですよ。

終わりに

子どもがパンしか食べないと本当に困りますよね…
でもパンは主食。だからパンを食べるだけでもしっかり食べててえらいと思います!!

息子もパンブームが何ヶ月も続きましたが、今ではパン以外の食べ物も食べてくれるようになりました。
だからパンブームが終わるまでは、紹介したようにパン自体に栄養をプラスしたり、栄養がある飲み物で栄養を補うのがおすすめです。

私自身、【こどもバナナ青汁】を飲ませて栄養をしっかり摂ってもらえるようになったらパンばかり食べていても極端に心配することが減りました。

「パンしか」ではなくて主食のパンをしっかり食べられることを楽観的に捉えるとママの気持ちも楽になりますよ!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる