2歳の子どもがヨーグルトしか食べなくて困る!偏食の息子に試した我が家の解決法

ママ③

2歳の子どもがヨーグルトしか食べてくれない!!

ママ②

ヨーグルトしか食べなくて栄養が心配…

私の息子も離乳食期からヨーグルトが大大大好きで、ヨーグルトしかほぼ食べなかった時期がもう何度もありました。
ヨーグルトって栄養価が高いからまだ安心できるとはいえ、やっぱり栄養バランスが気になりますよね。

そこで、2歳の子どもがヨーグルトばっかりでご飯を全然食べてくれない!という悩んでいるママに、実際にヨーグルトばかりを食べていた息子に試していたことを紹介していきますね!

あんず

試せそうなものからやってみてくださいね♪

目次

2歳の子どもがヨーグルトしか食べない場合の解決法は?

息子に実際に食べさせているヨーグルト

子どもがご飯を全然食べずにヨーグルトしか食べてくれないと本当に心配になると思います。
ヨーグルトは栄養たっぷりだと分かっていても、やっぱりどうにかして他の食べ物も食べて欲しいですよね…

息子も生まれた時から飲まない&食べない&偏食っ子だったので、本当に苦労しました。
実際離乳食期はほとんどヨーグルトで育ったようなもので、2歳の時も朝ごはんはヨーグルト食べて終了なんて時期もありました(泣)

あんず

私が息子のためにあれこれとやったことを全部紹介します!

ヨーグルトを一切あげないで様子を見てみる!

あんず

初めから極端なことですみません…

私が1番初めにやったのは、あえてヨーグルトを一切あげずに1日〜2日過ごすことでした。
ヨーグルトをあげなければお腹が空くので、ご飯を食べてくれるかなと思ったんです。

この方法は子どもの機嫌も悪くなるし、お腹すかせているのにあげられないのでママも子どもにも辛い思いをするやり方かもしれないです。

ですが、水分を摂れば人間数日食べなくても大丈夫なので「今だけ!!」と割り切ってやっていました。

お腹すいたらケロッとご飯を食べてくれたとの声もあるので一度やってみるのもアリだと思います。

美味しそうに食べているところを見せつける!

次にやったのは、「息子の前で美味しそうに食べているところを見せつける」ことです。
例えば、ご飯時に「この〇〇ほんとにおいしい〜!!!幸せ〜」とちょっと大袈裟にご飯を息子の前で食べていました。

子どもの顔を見ながら言うと、あからさま過ぎるのであくまで独り言のように「美味しい〜!!」と言いながら食べるのがポイントです!


もちろん大嫌いな野菜はこの方法では食べてくれなかったのですが、やっぱり気になるみたいでチラチラこっちの方を見ていて唐揚げだけ食べてくれました。(衣だけ食べて肉は残されましたが…)

息子のようにわりと単純な子には結構効果あるんじゃないかと思っています。

ご褒美制にしてみる!

これもありがちかもしれませんが、「〇〇食べ終わったらヨーグルト食べようね」とご褒美制にして他の物を食べるまではあげないというのもやっていました。

当時の息子は相当ギャン泣きして全然食べてくれませんでしたが、今の息子はご褒美制にすると苦手な物も少し挑戦してくれるようにやっとなりました!(もちろん大嫌いな物は今だに食べず、苦手程度の食べ物に限りますが…)

意外と気分で食べてくれる子もいます。

ポイントは少量ずつあげて徐々に増やしていくことと、大嫌いなものを避けることです。

初めからこれ全部食べてね!は絶対無理だと思うので、1回目は食べても栄養にはならないんじゃないか!?くらいのごく少量を食べたらヨーグルトを食べてもOKにしてました。

あと、大嫌いなものを出してもぜーったい食べないと思うので、その子にとっての「まぁまぁ好き〜ちょっと苦手」くらいのレベルの食材をあげるのがおすすめです。

あんず

もし食べてくれたらベタ褒めしまくります!!(←これ大事です)

食べてくれた場合は、次回から少量ずつ増やして慣らしてみてくださいね。

ヨーグルト以外も毎食皿に盛り続ける!

ヨーグルトしか食べないとなると残されるのも辛いし、どうせ食べないしと思って食卓にあげるのをやめてしまった…。
こんなことありますよね?

あんず

私も一時期やっていました。

出したところで食べないし、もったいないしそれだったら出さない方がマシ!!と思っていたのですが、やっぱり食べない覚悟で嫌いなものも皿に盛りつけることが大切なんです。(辛いですけど…)

その理由は2つあります。

①ヨーグルトしか食べなくていいと思われてしまうから
②いつ急に食べ始めるかわからないから

食べないからといってヨーグルトしか食卓に出さないと、子どもに「ヨーグルトしか食べなくてもいいんだ!」と思われてしまいます。
一度そのように思われてしまうとヨーグルトオンリー食から抜け出すのもさらに時間がかかってしまいます。

さらに、子どもって何の前触れもなく急に食べ始めたりします。
実際息子は2歳までウィンナーを一切食べなかったのですが、夫がいつも美味しそうに食べているのを見ていたせいか急にウィンナーが大好きになりました。

こんなこともあるので、全然ヨーグルト以外を食べなくても食卓にはできる限りいろんな食材をのせてみてください。

もちろん残されるの前提なので、わざわざ子どものために作らなくても大人のおかずの一部とかを私は用意していました。
大人のご飯を子ども用皿に入れるだけなので、苦労もないし残されたら食べればいいので無駄がないですよ!

何を試してもヨーグルトしか食べない子どもに!ヨーグルトのアレンジ法

ママ①

何を試してもやーーっぱりヨーグルトしか食べなかった…

あれこれ頑張って試してみたけど、結局解決しなかった…。そうがっかりされるママも多いと思います。
何を試しても結局ダメだった場合、本当に心が折れそうになりますよね。

いろいろあれこれ試しても結局ヨーグルトしか食べません!という子どもにはそのままヨーグルトを食べ続けてもらいましょう♪

もちろんヨーグルトオンリーだといくら健康食とはいえども、栄養バランスが不足しがちなのでプラスで入れると栄養も味もGOODになるアレンジ方法を紹介しますね。

こども青汁

こどもバナナ青汁を撮影した写真
こどもバナナ青汁

1つ目は【こどもバナナ青汁】です。
栄養豊富な青汁の粉をヨーグルトにかけるだけで、野菜の栄養がたっぷりと摂れるようになります。

でも青汁は苦いイメージだし、ヨーグルトにかけたら食べてくれなくなっちゃうんじゃないかって思いますよね。

あんず

こどもバナナ青汁なら、黒糖とバナナの自然な甘みで苦味もほとんどないんです。

だから、ヨーグルトにかけると抹茶バナナヨーグルトのような味になってとても美味しくなります。

もちろんこどもバナナ青汁はヨーグルトにかけるだけでなく、牛乳などに溶かして飲むのもおすすめです!
野菜嫌いな息子に毎日飲ませているのですが、飲ませるようになってから息子の栄養不足の心配が一気に減りました。

息子も毎朝の日課として、美味しく飲んでます!

野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】

はちみつ&きなこ

はちみつときな粉を撮影した写真
はちみつときな粉

2つ目は「はちみつ&きなこヨーグルト」です!
栄養価が抜群な「ヨーグルト」「はちみつ」「きな粉」のトリプルコンビは味良し栄養良しな最強お手軽スペシャルフードなんです!

これは、息子も大大大好きで「あまいヨーグルトー!」と言ってよく食べてくれます。

まず、気になるはちみつの栄養価は…

グルコース、ジアスターゼ 、ビタミンC 、ビタミンB1、ビタミン B2、ナイアシンナトリウム、リン、鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウム、銅、亜鉛、マンガン、アルギニン・リジン・アスパラギン酸・グルタミン酸、ポリフェノール 他

あんず

はちみつの栄養すごすぎる!!!

はちみつにはブドウ糖が入っているのですが、他の糖よりエネルギーとして代謝されるのが早いという特長があります。
だからヨーグルトでは足りないエネルギーチャージにもってこいの食材なんです!

次にきな粉の栄養成分はというと…

食物繊維、たんぱく質、カルシウム、鉄、大豆サポニン、レシチン 他

きな粉も「畑の肉」と言われる大豆が原料だからこそ栄養抜群!
きな粉にはヨーグルトには入っていない、「鉄」や「食物繊維」が摂れるのがポイント♪

偏食の子は鉄分が不足しがちだからこそ、きな粉でしっかりと鉄分を補うことが出来ますよ。
きな粉を嫌がる子どもの場合は、きな粉の量を調整したりしてベストバランスを見つけてみてくださいね。

ちなみに「はちみつきな粉ヨーグルト」はなかなか忙しくて栄養が偏りがちなママにもおすすめです。

ヨーグルトの乳酸菌やきな粉の食物繊維でお腹もスッキリしますよ〜!

はちみつは1歳未満の子、きな粉は大豆アレルギーの子にはあげないでください。
それと、はちみつは砂糖が入っていない「純粋はちみつ」を選んでくださいね。

ココア

ヨーグルトに実際に混ぜているココアを撮影した写真
ヨーグルトに実際に混ぜているココア

次に紹介するのは「ココアヨーグルトです」!
ココアも栄養たっぷりなのにとっても美味しいから、好きな子も多いですよね。

もちろん息子もココア好きです!(甘いココアのみですが…)

ココアの栄養成分はというと

たんぱく質、脂質、糖質、カルシウム、カリウム、鉄、ビタミンB2、B6、B12、食物繊維

あんず

たんぱく質やカルシウムビタミンなどココアはバランスが良いですね!

ココアもヨーグルトに不足しがちなビタミンや鉄が入っているので足りない栄養素を補うことができますね。

ココアはヨーグルトに混ぜる以外にも、ママの一息つく飲み物として飲んだりお菓子に入れたりと幅が広くて使いやすいですよ。

理想なのは砂糖が入っていない純ココアですが、食べてくれない場合は砂糖が入ったミルクココアを混ぜるのがおすすめです。

野菜フレーク

大望の野菜フレークを撮影した写真
ヨーグルトに混ぜている大望野菜フレーク

3つ目におすすめなのが、「野菜フレーク」です!

野菜フレークならヨーグルトにふりかけるだけで、ヨーグルトしか食べない子どもにも簡単に野菜を食べてもらうことができます。

あんず

もちろん野菜の栄養はそのままです!

おすすめは「大望の野菜フレークのにんじん・かぼちゃ」です。
原材料は野菜のみ!なのに野菜とは思えないほどとっても甘いんです♪

大好きなヨーグルトを食べてもらいながら野菜も摂れて一石二鳥です!

甘さが足りなくて食べてもらえない場合は、はちみつを入れると食べやすくなるのでおすすめですよ!

終わりに

子どもの偏食って本当に心が折れそうなほど苦労しますよね。


私も息子がヨーグルトしか食べなかった時は、「ヨーグルトは栄養あるから大丈夫!!」と必死に言い聞かせていました。
むしろ食べてくれるのがヨーグルトでよかったと思うようにしてました。

①ヨーグルトを一切あげないで様子を見てみる
②美味しそうに食べるところを見せつける
③ご褒美制にしてみる
④ヨーグルト以外も毎食皿に盛り付ける

これらの方法を試してもだめだった場合はヨーグルトだけでもいいと思います!
それがその子にベストな食事なんだと思います。

それと、ヨーグルトしか食べないなら子どもがハマるヨーグルトアレンジを突き詰めてみるのもいいかもしれないですね。

子どもの偏食は長期戦になるからこそ、ママの心の余裕も大事です!
まぁそのうち食べるようになるでしょ♪くらいの気持ちでどーんと構えるとママの心の平和も保てますよ〜。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる